アウトドア性の高い結婚式場!野外を利用して挙式する

ラフな結婚式を追求する

結婚式と言えばあらゆるマナーに気を配って行なわれますが、一方本来「これ」と決まった型があるわけではありません。少しでも砕けた結婚式を行なって参列者と楽しみたい場合、野外を利用した結婚式を開催しましょう。アウトドアな結婚式を挙げたい場合、キャンプ場でも挙式できる場所があります。このような結婚式場であれば野外で参列者と一緒に料理を楽しめるのです。野外でバーベキューやスイカ割りを楽しめば、これまでの結婚式像を覆した新しい挙式の形を提示できるでしょう。

庭を使った開放的な結婚式

日本の庭園と言えば家の中から眺める平面的な庭園が有名ですが、海外の庭には遊歩道式のものが存在しています。結婚式場によってはこのような庭の中にテーブルを広げて披露宴会場にできる場所も存在しているのです。こうした結婚式では参列者の席もきちんとありますので、開放的な空間を楽しみながら形式的には立派な式が行えます。逆に庭を使ってラフな挙式がしたい場合、立食パーティーのような形で料理を提供すると良いでしょう。

結婚式を行なえる場所は幅広い

日本の中には結婚式のためにその場を提供してくれる農園やテーマパークが多様に存在しています。型にはまった結婚式ではなく、自分達だけの独創的な結婚式を挙げたい場合、まずは好きな場所をチョイスしてそこで挙式できないか調べてみましょう。ワイナリーやアミューズメント施設など様々な場所で結婚式を挙げる夫婦が存在しています。こうした場所で野外ウェディングを行なうメリットと言えば、夫婦にとって思い出の場所ができる点も挙げられます。特定のテーマパークで挙式すれば、結婚記念日にも通えるのです。

福岡の結婚式場で教えて頂く披露宴の最後をしめるやり方は地元流の一本締めです。独特のやり方で行われ、初めての方はタイミングが合いませんが心地よい余韻が残ります。