スケジュールは早目に!遠方の結婚式への参加のコツ

長距離移動の手段を決定する

仕事や学業の負担にならない様に遠方で催される結婚式に参加するには、適切な交通手段の確保とスケジュール管理が必要となってくる事でしょう。遠方への交通手段で思いつくのはやはり飛行機や新幹線を始めとした鉄道という事になりますよね。これらのチケットは予約日時が早ければ早いほど料金的に有利となりますから、結婚式の日時が決まり招待を受けた時点ですぐに予約を取ってしまうのがベストでしょう。またあまり一般的ではありませんが、マイカーの高速道路利用が有利となるケースもあるものです。

現地での滞在期間に余裕が持てるかどうか

もし結婚式を挙げるロケーションがリゾート地や有名観光スポットの近くである場合、式のみに参加しトンボ返りで帰宅するというのも何だか勿体無い話ですよね。もちろん仕事や学業とのスケジュールの兼ね合いという部分が大きくなりますが、多少なりとも時間に余裕が持てるのであれば、現地での観光やアクティビティも若干考慮に入れておくと良いかも知れませんね。軽い観光であれば式の当日に若干余裕を作って行う事も出来ますし、宿泊を挟める余裕があるのなら是非とも実行してみたいものです。

2次会への参加はするべきか

こちらも時間的余裕に関わってくる問題ですが、現地での結婚式の2次会への参加については新郎新婦との仲や親密度も考えて、決して無理しない範囲での参加を考えるのがベターでしょう。特別親密な間柄でない場合、時間的都合を理由に結婚式のみで現地を離脱する事も出来るでしょう。また2次会に参加する時間を利用し近隣スポットの観光や土産購入等に費やした方がはるかに有意義なケースもあるものです。特に初めて訪れる土地、滅多に来られない土地であれば慎重に決定したいところですよね。

結婚式場を東京で行うと、たくさんの式場から選ぶことができます。有名ホテルの結婚式場やとっても豪華でリーズナブルな結婚式場、ドラマで使われた結婚式場などがあります。見学に行くたびに夢が広がりますよ。