結婚に向けた前段階を考える!恋人と婚約する方法

距離感を考えて婚約に踏み切る

現在付き合っている恋人と結婚したいと考えた場合、自分の誠意を示すためにも婚約を切り出す事が大切です。一方互いの心の距離感が噛み合っていない場合、婚約に踏み出した時点で拒絶されてしまう事もありますので注意しましょう。時間をかけて溝を乗り越える事ができれば問題ありませんが、婚約拒否が別れに繋がる事もあるのです。恋人と婚約したいと考えている場合、さり気ない形で相手が自分との将来を見据えているのか確認するようにしましょう。

婚約した際に何をすべきか

婚約には明確な定義は存在していませんが、一方多くの場合婚約にあせて行われる事が存在しています。例えば男性が女性に婚約を切り出した場合、婚約指輪を贈るのが普通です。こうした婚約指輪は結婚指輪とは異なり男女ペアで付けるものではありません。女性だけに渡すものですから注意しましょう。また一般的には二人の両親に婚約した旨を伝えます。周囲にきちんと告げておく事で結婚に向けての準備が整いますので大切な配慮なのです。

家同士の絆を深める儀式

カップル間だけでなく互いの親族も交えた正式な婚約を成立させたい場合、結納を行なうのが一般的です。結納を行なう時期は地域によって異なりますので両家の都合も聞いた上で調整する事が大切です。また結納では結納品や結納金が必要になりますので、そうした準備が整っていない状態で婚約に踏み切るのは危険です。場合によっては結納の失敗によって両家の結婚が破綻してしまう事もあるのです。結納を前提に恋人と婚約したい場合、事前に両親に相談すると良いでしょう。

日本語でいうところの婚約指輪です。マリッジリングとの違いはエンゲージリングには大きな宝石があしらわれ、ダイアモンドがメインの石として選ばれ続けています。